• 相続・遺言でのお悩み
  • 成年後見でのお悩み
  • 借金でのお悩み
  • 会社・法人でのお悩み

過払い金請求

過払いの条件は

過払いの条件はのイメージ

下記条件にあなたは当てはまりますか?

貸出金利が年15~20%を越えている場合 概算5年以上の借入れ期間がある 返済は月々きちんとしている

上記の条件に当てはまる方は、過払い金が発生している可能性があります。
払いすぎていたお金を取り戻すことができるかもしれません。

必ずしもこの条件を満たさないといけない、というわけではありません。上記に当てはまらなくても、過払い金が発生している場合もあります。
少しでも当てはまる部分をお持ちの方は、まず一度お気軽にご相談下さい。
専門家が丁寧にお答えいたします。

過払い金とは

過払い金とは、分かり易くいえば、貸金業者に払い過ぎたお金です。
金銭消費貸借契約における貸付利率は法律で定められているのですが、実はその法律が2つあるのです。

利息制限法と出資法の2つがあります。

利息制限法における貸付利率は、借入金額によって異なりますが、年15~20%と定められています。
しかし、出資法では上限が29.2%と定められています。
(利息制限法と出資法の間の金利を、グレーゾーン金利といいます)

なぜ業者が利息制限法ではなく、出資法に基づいて貸し付けているかというと、出資法以上の金利で貸し付けた場合には罰則があるのですが、利息制限法を超えた金利で貸し付けても罰則はないからです。
貸金業者は、その事を知っているため、『利息制限法以上・出資法以内』での貸付を行っている、というわけです。

利息制限法以上の金利で支払っている部分は、本来は払わなくてよい部分ですから、貸金業者に返還を請求することができます。(現在お借入がある場合は、払いすぎている分を元本の返済に充てることで、借金が減額できる可能性が有ります)ですから、「払いすぎているのでは・・・?」と思われている方は、一人で悩まず、一度当事務所へご相談下さい。
また、完済している場合でも、完済後10年以内であれば、払いすぎている部分をさかのぼって請求することができます。「もう払ってしまったから・・・」という場合でも、あきらめずご相談下さい。

新着情報

一覧を見る

2017/01/01

契約駐車場変更のお知らせ
【新駐車場番号】
東陽モータープール⑱⑲
(セブンイレブンの山側)

2017/01/06

当事務所は平成29年1月1日より事務所名称を変更しましたのでお知らせします。

旧名称: どうげ司法書士事務所
       ↓
新名称: 司法書士・行政書士さの中央合同事務所

住所、電話番号、FAX番号、メールアドレスに変更ありません。

なお、ウェブサイトは平成29年1月下旬を目処にリニューアルの予定です。

今後も変わりないご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

司法書士・行政書士 道下謙太郎
行政書士 冨田冴子
司法書士 志野千佳子
司法書士 家本美和
司法書士 森大輔

所在地

〒598-0012
大阪府泉佐野市高松東
1-10-37-705 泉佐野センタービル
サウスコア21 7F

最寄駅

南海泉佐野駅 徒歩3分

営業時間

平日: 9:00~20:00
土曜:13:00~20:00

定休日

日祝

お問い合わせ 詳しくはこちら